プロテインは必要ない!?

プロテインという食品が最近は一般社会にも浸透してきていると感じる今日この頃ですが、まだまだプロテインのことをよく知らない人の方が多いのではないでしょうか。

良く知らない人たちのイメージとして、プロテインは『マッチョになる』という位置づけ(そんなことありませんが)のようです。

で、実際のところ、プロテインって必要なのでしょうか?それとも不要なのでしょうか?

今回はプロテインの謎に迫ります。

それでは行ってみましょう!

プロテインとは

「知ってるよ(怒)」という方は飛ばしちゃってOKです。

簡単に説明すると、牛乳などから水分や脂質を抜いて凝縮したものです。

もちろんタンパク質が多く残ります。タンパク質を効率よく摂取するためにプロテインを利用する、ということになります。

ではなぜタンパク質を摂取していかなければならないのでしょうか?

それは、

身体をつくる

タンパク質が身体をつくっていると言っても過言ではないからです。厳密にはそんな単純な話ではないのですが、話を分かりやすくするためにあえてそのように表現しています。

タンパク質(アミノ酸)が大きく関わっていると言われているのが、

  • 皮膚
  • 内臓
  • 筋肉
  • 髪の毛

ざっとですがこれだけあります。

タンパク質が不足していると、肌がカサカサしてきたり、筋力が弱くなり、骨も折れやすくなる…という悪影響を及ぼすことが考えられます。

どれくらい摂ればいいのか

普通の何もしていない人に対する推奨量は"体重×1g"とされています。体重60kgの人だと、必要タンパク質量は一日60gという計算になります。

しかし、日頃からスポーツなどで体を鍛えている人が、継続的に肉体を進歩または維持するために必要なタンパク質量は"体重×2g"と言われています。先ほどの例からすると、一日120gという計算です。

120gというと、鳥のもも肉150gに含まれるタンパク質は大体30gなので、単純計算で一日に600gの肉を食べなくてはいけないという結果になります。

「きついな…」というのが正直な反応でしょう。食が細くて食べるのが苦手な人にとっては厳しいですよね。

そこでプロテインの登場です。大体のプロテインは備え付けのスプーン山盛り一杯で20g程度のタンパク質量が摂取できます。ですので、一日に二回プロテインを摂れば、120gのうちの40gをクリアできるということです。

それで効果あるの?

ここからは少し深い話になります。もしかしたら、「何をバカなこと言ってんだ?」と思うところがあるかもしれませんが、軽い気持ちで読んでみてください。

作られた(?)常識

ここで先ほど自分で書いた内容をちゃぶ台返しするような感じにはなるのですが、「トレーニング後はプロテイン!」、「最低体重×2g!」という声をよく聞きます。

なぜそんなことが言われるようになったのでしょうか?そもそも真実なのでしょうか?

そのようないわゆる常識とされていることを最初に言いだしているのが、どこかの研究所だったり、プロテインメーカーではないでしょうか?

プロテインに関して調べていると、「ある実験によると~」という文章を目にしたことがある方もいらっしゃると思います。

勘の鋭い人ならお気づきかもしれませんが、世の中には"癒着"というものがあります。つまり、メーカーからお金をもらった研究所が、「プロテインは効果がある」という論文を発表することでプロテインが世の中で売れる、という流れです。

インチキ

それではプロテインはインチキなのでしょうか?

私の現在の考えは、

分からない

というのが正直な感想です。

プロテインというものはそもそもただのタンパク質なので、効果があるなしでは語ることができません。

ただ、人によるということだけは言えるでしょう。体質に合わなくてお腹を壊したりする場合もありますので。

結局は食事

一生懸命トレーニングをしていて、プロテインも飲んでいるのに思ったように体が変わらない、という悩みを抱えている人は多いようです。

仮にトレーニングは殆ど完璧、休養もバッチリだとしましょう。それでも体が変わらないというのであれば、メインの食事に問題があると考えられます。

怖いかもしれませんが、プロテインを摂るのをやめてみる、という方法もありだと思います。

例えば一日の食事がこんな感じだとしましょう。

  1. 定食
  2. プロテイン
  3. 定食
  4. プロテイン
  5. 定食

しっかりとしたメインの食事3食+プロテイン2回となってますね。

この2回のプロテインをやめて、メインの食事をもう一回増やします。つまり、一日四食です。こちらの方が断然体は変わります

あと、トレーニング後のプロテインですが、これもなくします。トレーニング後に何か食べたくなったら通常の食事をとってもいいと思います。「吸収スピードが~」という声が聞こえてきそうですが、やってみると意外と変わらない、となる可能性もあります。私がそうでした。

プロテインを摂らずとも一か月2kgペースで半年以上継続して増量できているのでOKでしょう。

「プロテインをやめるなんて!」と思うかもしれませんが、勇気を振り絞ってやってみてください。もし成功すれば、プロテイン代を他に回したりできるので人生の充実度も上がると思います。

最後に

いかがでしょうか。

プロテインを日常的に摂取している人がいきなりやめるのは怖いかもしれませんね。私はビクビクしながら挑戦したのを思い出します。

飲むのをやめたといっても、「飲まなきゃ」という強迫観念から解放されただけなので、デザート代わりに摂ったりすることもごくたまにあります。

この記事が何かしらの参考になると嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

20代、関東在住ブロガー。自分の人生に何の意味があるか分からず早期退職。願わくば、永遠に筋トレと読書と音楽をやっていたいと考えている今日この頃。それを実現するために日々奮闘中。 よろしくお願いします。