エアウィーヴって筋肉にいいの?【半年使ってみたら…】

エアウィーヴをご存知でしょうか?

あのフィギュアスケートの浅田真央や、テニスの錦織が使っているという"布団"です。

殆どの人が、「高そうなイメージあるけど実際どうなのよ?」と思っているのではないでしょうか。

今回は、エアウィーヴを実際に購入し、半年間それで寝てみた結果、どうなったのか、メリットとデメリットを合わせて紹介していきます。

それでは行ってみましょう!

事の発端

私はエアウィーヴを買う以前、割と有名なマットレスを使って寝ていました。商品名はあえて出しませんが、おそらくあなたも聞いたことのある商品かと思います(新聞やネット広告で見るようなあれです)。

そのマットレスを使い始めて数日、早くも腰付近に張っているような違和感。そこで察したのは、

柔らかすぎる…」

ということでした。体を鍛えている自分にとってあまりにも柔らかすぎて、腰が沈んだ状態で寝ていたことに気付きました。体が沈み込むゆえに汗をやたら多くかいてしまい、非常に気持ち悪い上に睡眠の質も下がる一方。

しかし、毎日疲れて帰ってくるため惰性でその状態が2~3か月も続いてしまいました。

「このままではヤバい」と思い、固い布団を求めて以前から気になっていたエアウィーヴを毎日検索しては悩むということを繰り返し、とうとう購入して半年が経ったのでした。

エアウィーヴの特徴(メリット)

さて、自分語りはこれくらいにしておいて、エアウィーヴの特徴について見ていきましょう。

私が感じたものとしては、

  1. 適度な硬さ
  2. 夏は涼しく、冬は暖かい
  3. 清潔

という特徴がありました。どういうことか順番に見ていきましょう。

適度な硬さ

硬さに関しては好みがあるので、一概には言えないのですが、

  • スポーツをやっていて人より筋肉質な人
  • 体重が重い人
  • もともと体格がいい人
  • 硬めが好きな人

というタイプの人におすすめです。

ウエイトを使ったトレーニングをしていたり、スポーツをやっていたりすると普通の人より体がゴツゴツした感じになりますよね。それに比例して体重も増えてくると、柔らかいマットレスなんかを使っていたら体が沈んでしまって当然です。

しかしエアウィーヴの硬さなら、しっかりと体を受け止めて沈まなくなる可能性が高いです。

「寝たのに何だかダルい…」ということが少なくなるのではないかと思います。

夏は涼しく、冬は暖かい

今回購入した商品名は『マットレス スマート Z』です。カバーを外して断面を見てみます。

上が"エアファイバー"と命名されている樹脂で作られた層で、下はポリエステルのクッション材です。

なぜ『夏は涼しく冬は暖かい』が実現できているかを簡単に説明すると、エアファイバーと呼ばれる層が断熱材の役割をこなしているからだそうです。

つまり、エアファイバーの通気性で夏は蒸れることなく、冬は掛け布団と断熱材であるエアファイバーに挟まれることによって温かさを保ちやすくなる、ということです。

清潔

エアファイバーの最大の特徴があり、それは、

洗うことができる

ことです。

普通の布団は洗うことはできないですよね。ですので寝具を清潔に保つことができます。ちなみに今回紹介している『マットレス スマート Z』は外側の水色のカバーとエアファイバーが選択可能です。下層のポリエステルクッション材は洗うことができないようですが、ほとんど汚れることがないのでいいかな、と思っています。

商品によってはクッション材がないものがあるようです。つまり、全て洗えるということですね。

正直なところ、この『洗える』という要素はかなりデカいのではないかと思います。綺麗好きにとって外せないポイントであることは間違いないでしょう。

デメリット

さて、ここまでエアウィーヴのメリットを含めた特徴を紹介していきましたが、これからエアウィーヴを求めるにあたって生じる可能性があるデメリットをあげていきます。

高い…

まず、一番気になるのが値段ですよね。やはり、エアウィーヴは安いものではありません。今回紹介させていただいた『マットレス スマート Z』は4万2000円でした(汗)

一番安いものでも2万5000円します。

しかし、半年たってもヘタれることなく快適さを保っていることから、個人的には良い買い物をしたな、と思っています。

全体的に高いのですが、分割払いも可能ですのでお求めになりやすいのではないでしょうか。ちなみに面倒くさがりな私は一括で購入してしまいました(^^;

体に合わない

エアウィーヴの特徴でも紹介したように、どの商品も『硬め』であることは間違いありません。

その際に、

  • 硬すぎる
  • 体に合わない
  • 不調が出る

など身体や精神的に悪影響を及ぼす可能性もあります。誰にでも向き不向きはありますので。そんな方のために、『30日間のお試し期間』という返品制度があります。上記のような悪影響が及んだ場合には返品が可能なので安心できるのではないでしょうか。

以上がデメリットになりますが、デメリットとはいっても割と私たちの側がなるべく損しないようなサービスになっているようなので、リスクは少ないと思いました。

気になっている商品(個人的に)

エアウィーヴの敷布団シリーズがここ数年発売されたのですが、その中で一番気になっている、というか欲しいのは『和匠(わしょう)』という商品です。

エアウィーヴ 公式オンラインショップ

やはり、日本人ですから布団が好きです。布団っぽい見た目をしているもので寝たいと思う次第です。購入した知り合いから感想を聞いてみたところ、「エアウィーヴの中でも硬め」だそうです。硬め大好きな私としては早く欲しいと思うばかりです。

今後の野望としては『マットレス スマート Z』の上に『和匠』を敷いて寝たいと考えています。

ただし値段が 『マットレス スマート Z』 の3倍なので…

しばらくは無理そうですが、頑張っていつか購入したいです。「買ったよ」という方がいらっしゃいましたら、ぜひ感想をお聞かせください。私も購入したらレビュー記事を書きます!

ショップで試寝ができる!

実際にショップに足を運んで試しに寝転がってみることもできます。その時に硬さなどを確認するといいのではないでしょうか。ちなみに実際に足を運んだ時の写真がこちらです。

ご自宅から一番近いショップ、もしくはお目当ての商品が置いてあるショップがいいと思いますので、その際には公式サイトで取扱店舗を検索することができます。

エアウィーヴ 公式オンラインショップ

やはり、実際に試してみないとわからないので、行ってみることをおすすめします。

最後に

今回はエアウィーヴについて、特徴やデメリットなどを紹介させていただきました。ちょっと興味がある方や購入を迷っていらっしゃる方の参考になればうれしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

エアウィーヴ 公式オンラインショップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

20代、関東在住ブロガー。自分の人生に何の意味があるか分からず早期退職。願わくば、永遠に筋トレと読書と音楽をやっていたいと考えている今日この頃。それを実現するために日々奮闘中。 よろしくお願いします。