愛だけじゃ、やっていけないのか【愛とエゴ】

愛。

誰かを愛している、誰かに愛されている。

そもそも愛とはいったい何なのでしょう?

自分が愛だと思って相手にしていることは、果たしてエゴなのか。

ときに私たちを幸せにさせ、ときに残酷なまでに苦しみを与える、愛。

今回は、エーリッヒ・フロムの「愛するということ」という本をヒントに"愛"について考えていきます。

そもそも愛ってなんだ?

愛ってなんでしょうか?

答えを出すのがとても難しい質問だと思います。

ちょっとこれを見てみてください。

 親子・兄弟などがいつくしみ合う気持ち。また、生あるものをかわいがり大事にする気持ち。「愛を注ぐ」


 (性愛の対象として)特定の人をいとしいと思う心。互いに相手を慕う情。恋。「愛が芽生える」


 ある物事を好み、大切に思う気持ち。「芸術に対する愛」


 個人的な感情を超越した、幸せを願う深く温かい心。「人類への愛」

コトバンク

これらを見て、個人的に共通しているのではないかと思ったのが、"好き"だったり"優しさ"という要素です。

このことを前提において進んでいきます。

愛とエゴは紙一重?

エゴについて

さて、『愛』と『愛すること』が何なのかということですが、まず片づけておかなければいけないトピックがあります。

それは、

エゴ

「親のエゴ」なんてたまに聞きますが、エゴとは分かりやすく言うと、"わがまま"という解釈でいいと思います。

例えば、「〇〇大学に入って、一流の会社に就職してほしい」みたいなのは完全に親側の願望でしかありません。

それに子供が反発した時に、ブチ切れて「今までお前にどれくらいお金をかけたと思ってるんだ!」と返してしまう親、いません?

私が与えた分、返せ』みたいな。

子供からしたら、「いやいや勝手に生んでおいて、お金がどうとか言われても…」と混乱してしまい、酷ければ精神的なショックを負うことも少なくありません。

これに関しては、やはり"エゴ"の要素が強いように思えます。

愛について

エゴと違う、愛とはどういうものでしょうか。それは、

無条件。

これに尽きます。

つまり、「これだけのことをやっているから、返して欲しい」は、愛ではない、ということです。

しかし…

本当にそうでしょうか?

私たちがやっていることは全てエゴなんでしょうか?

私たちは誰しも人間だし、「返して欲しい」と口に出さなくても、思ってしまうものではないでしょうか。

愛するためには、性格が生産的な段階に達していなければならない。

この段階に達した人は、依存心、ナルシシズム的な全能感、他人を利用しようとか何でもため込もうという欲求を既に克服し、自分の中にある人間的な力を信じ、目標達成のためには自分の力に頼ろうという勇気を獲得している。

愛するということ

つまり、「その時に純粋な気持ちで相手の幸せを願っていれば、それは愛」でいいのでは、と思います。

先ほどの親子の会話にも、愛がないとは言いきることはできませんが、子供を傷つけてしまっている以上は良くないのではないでしょうか。

親子でも、愛するパートナーでも、しっかりと向き合って話し合うことが大切です。

難しいですよね。

お金の問題

お金の問題。

お金だけではなく、ある人によっては、

  • 親の問題
  • 病気の問題

ここが「愛だけじゃ、やっていけないのか」というタイトルに関わってきます。

例えば、心の底から愛しているパートナーや家族がいるとします。その人と生活していくためには、ある程度のお金が必要になってきますよね。

この世の中、愛だけでは生きていけないようになっています。これは人類の永遠の課題のような気もします。

しかし、そこで諦めるかどうかは、あなた次第なのです。もしその人と一緒にいたいのなら、

  • 生活コストを下げる
  • 転職する
  • 人に頼る
  • 起業する

できることはいくらでもあります。

強烈な愛の後にお金はいくらでもついてきます。

その人への愛が本物ならば、歯を食いしばって頑張る以外にありません。根性論的な感じですが、やるしかないのです。

最後に

私たちは、愛というものに関して勉強する機会が少ないように思えます。

学校で教わっている勉強と同じくらい、いや、それ以上に私たちは愛について学び、それを実践して人間的に成長していく必要があります。

勉強、スポーツ、仕事でも、結果を出すためには血反吐を吐きながらやることがあるように、愛に関しても、それと同じ道をたどる必要があるように思えます。

あなたと大切な人の未来が愛に包まれることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

20代、関東在住ブロガー。自分の人生に何の意味があるか分からず早期退職。願わくば、永遠に筋トレと読書と音楽をやっていたいと考えている今日この頃。それを実現するために日々奮闘中。 よろしくお願いします。