睡眠を取らずに筋トレすると、どうなるのか【検証】

こんにちは!

睡眠って大切ですよね。あらゆる生理機能に影響を及ぼす行為、「睡眠」。

しかし、なぜか何をやっても眠れないという時が、ごくまれにあります。

今回は、

  1. 筋トレをした日に眠れない時の対処法
  2. 眠れなかったその日に筋トレをやると、どうなるのか

これらについて書いていきます。

それでは行ってみましょう!

筋トレをした日に眠れないときの対処法

時計を見ない

例えば現在の時刻が夜中の1時だとします。

明日は6時に起きなければいけない。時計を見て、「あぁ、1時か。あと五時間しか寝られないな。」

と考えてしまうのは、やめた方がいいと思います。そう考えることによって逆にストレスになります。

筋トレをした人の場合ですと、「やばい!寝ないと!筋肉に害だ!」と思ってしまいますよね。

しかし、睡眠時間よりも睡眠の質の方が大事です。

時計なんか見ずに、「いつか寝られるといいや。」くらいの気持ちの方がストレスも溜まらず、目覚めが良くなる可能性が高いです。

一旦、ベッドや布団から出てみる

これは聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

眠れないからといって、数時間もゴロゴロしていると勿体ないので、何か寝る以外のことをしてみましょう。

例えば、

  • 読書
  • 音楽
  • ストレッチ
  • 勉強
  • ラジオ

私の場合、ラジオが大分この中では効果的だと感じています。

ラジオといっても、youtubeなんかで著名人が喋ってる動画を延々と流し続けるだけですが(笑)

ずっとやっていると、「あ、これこの前も聞いたな」という話に巡り合います。

脳は、どうでも良くて、あんまり興味ないことに直面すると、「寝てもいいや」と判断するそうです。

つまらない授業で眠くなる経験のも、このせいだったのかもしれません。

眠れなかったその日に筋トレをすると・・・

夜から次の日にかけて

お待たせしました。

一睡もせずに筋トレをすると、どうなるか、検証してきました。

ちなみに、わざと寝なかったわけではなく、本当に眠れませんでした(^^;

時系列で書いていきます。

火曜日・・・15時、脚のトレーニングをやったあと、トレーナーの人と明日合同トレーニングを約束してしまう…

24時、あくびが出てきたためベッドに入る

水曜日・・・1時、眠れない。あくびは出続けている。

3時、眠るためにいろいろ試すも全く眠れない。あくびばかり出る。

5時、外が明るくなり、鳥が鳴き始める

9時、ようやく眠くなり始める。寝ていないことを伝えて断るということができずに、これもいい機会だと思いジムに向かう

11時半、合同トレーニング開始。この時点で頭がボーッとしている。言い訳をしたくないので気合でついていく。

たいしたことのない重さが、めちゃくちゃ重く感じる。集中力が切れやすくなる。やめたくなる。

13時半、合同トレーニング終了。控えめに言って地獄だったが、何とか乗り切ることができた。

15時半、仕事中に寝そうになる。歩いたりして眠気を覚ます。

19時半、なぜかいつもの元気な状態になっている気がした。

この日は家に帰ってご飯を食べたら一瞬で眠りにつけました。眠りっていうか気絶ですねこれ(汗)

まとめ

結局のところ、睡眠はめちゃくちゃ大事ということですね。当たり前ですが。

しかし、毎日毎日自然に目が覚めるような時間に起きることができない人の方が大多数の今の世の中です。

あまり眠れなくても、ひどく悲観せず、「眠れなかったけど、まぁいっか。」とポジティブに捉えてストレスをためないことの方が大切だと思います。

ただし、重りが自分の上に来るような種目はやめておいた方がいいでしょう。私は肩のトレーニングでしたので、まだよかったものの、スクワットやベンチプレスなどは集中力が切れるととても危険です。

それらをやる際には、なるべく睡眠を取った方がいいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

寝ても寝ても疲れがとれない人のための スッキリした朝に変わる睡眠の本 posted with ヨメレバ 梶本 修身 PHP研究所 2017-04-19 AmazonKindle楽天ブックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

20代、関東在住ブロガー。自分の人生に何の意味があるか分からず早期退職。願わくば、永遠に筋トレと読書と音楽をやっていたいと考えている今日この頃。それを実現するために日々奮闘中。 よろしくお願いします。