poolside(プールサイド)の元ネタ【tofubeats】

tofubeatsのメジャー1stアルバムの「First Album」にpoolsideという曲があります。

LIP SLYMEのPESを迎えての曲ですが、MVは終始トーフ氏の妄想で埋め尽くされています(笑)

歌詞や曲そのものはイケイケな感じなのに、どうしてこうなった?という映像に仕上がっています。

ANRI

さて、肝心な元ネタですが、ANRIというシンガーソングライターの「プライベートSold out」という曲のようです。

こうやって聴くと、サンプリングの素晴らしさが分かります。

ちなみに、彼女はとても売れていて紅白にも出るほどの実力だったそうです。世代じゃないので全く知りませんでした。

1983年には当時まだ無名で同事務所所属であった角松に5枚目のアルバム『Bi・Ki・Ni』のA面5曲プロデュースを任せて、洗練された音楽のイメージ、アーティスト杏里を誕生させたのである。6月に発表した『Bi・Ki・Ni』は自己最高のオリコンアルバムチャート27位を記録した。8月には日本テレビから依頼を受けアニメ『キャッツ♥アイ』の主題歌「CAT’S EYE」を歌ってシングル発売した。アニメの歌ということで本人も初めは嫌悪感を示して乗り気ではなく、悔し涙が止まらなかったそうだが、思わぬ大ヒットで自身初のオリコン1位に輝き、杏里の代表曲の一つとなる。その直後に発売したシングル「悲しみがとまらない」(角松敏生によるプロデュース)も連続大ヒットさせて2曲そろってベスト10入りを果たした。12月にはこれら2大ヒットシングルを収録した角松フルプロデュースのアルバム『Timely!!』を発表してこちらもオリコン1位の大ヒットとなり、年末の第34回NHK紅白歌合戦にも初出場して杏里は不動の位置を得ることになる。

wikipedia

すごいですね!こんな歌手がいたとは。

オタクin tha Hoodという動画で、トーフ氏の自宅兼スタジオの紹介をしているものがあるのですが、大量のCDが部屋の棚の中にありましたね。

やはり、普段からジャンル問わず、たくさんの音楽を聴いているからこそ彼が作る音楽が出来上がるんだろうなと思いました。

こうやってまた素晴らしいアーティストの存在を知ることができ、音楽がもっと好きになっていくのですね。

tofubeats、サンプリングよ、ありがとう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

20代、関東在住ブロガー。自分の人生に何の意味があるか分からず早期退職。願わくば、永遠に筋トレと読書と音楽をやっていたいと考えている今日この頃。それを実現するために日々奮闘中。 よろしくお願いします。